This post is also available in: 简体中文 (簡体中国語) English (英語) Français (フランス語) Deutsch (ドイツ語) Русский (ロシア語) Español (スペイン語)

マイナーは金融仲介者である」という俗説を聞いたことがあるかもしれません。

規制の文脈では、これは本質的に “取引を管理または制御できるエンティティ “を意味します。

取引を管理できる主体であるがゆえに、基本的な消費者保護を提供するための特定の規制を満たすことが求められます。これらの規制は、個人が管理するには負担が大きすぎるため、結果的にマイナーが金融仲介者になってしまうと、大企業だけがネットワークを所有することになってしまいます。

暗号通貨のネットワークでは、自分が行いたい行為を秘密鍵で署名し、それをネットワークにブロードキャストすることで取引を行います。マイナーはその取引を処理します。

マイナーは取引内容を見ることはできますが、取引内容を変更することはできません。

多くの人はマイナーを大企業のように考えていますが、中には大企業もありますが、多くのマイナーはそれぞれがマイニングソフトウェアを実行する個人の集まりです。

金融仲介者」に関する規制では、金融仲介者とそれにアクセスするためのインフラとを重要に区別しています。ここで重要な概念は、英語の語源である「to mediate(仲介する)」や「to intervene in the middle of a action(行為の途中に介入する)」です。

例えば、オンラインで銀行口座にログインして別の人に送金する場合、銀行は金融仲介者として行動しています。銀行は、その取引を仲介する権利を持っています。ブロックしたり、変更したり、取り消したりすることができます。しかし、オンライン・バンキングにアクセスするために必要となるインターネット・サービス・プロバイダーは、金融仲介者ではありません。インターネットサービスプロバイダーは、お客様の銀行取引をインターネット上で送信しますが、規制により、取引を仲介する能力や権限はありません。

ニューヨークの「Bitlicense」を含む現行のMoney Transmitter法が、インターネットサービスプロバイダを「金融仲介者」とみなすことを明確に除外しているのはそのためです。

ブロックチェーンのエコシステムにおけるマイナーもほぼ同じです。マイナーはトランザクションを送信し、処理しますが、トランザクションを仲介する能力はありません。世界中の何千人もの独立したマイナーが突然結託してそうしない限り、彼らには経済的な不利益が生じます。

要するに、この神話は真実ではないのです。

マイナーは金融仲介者ではなく、そのような規制を受けるべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください